IoT Lab

厚木DXセンターにおけるロボット開発の取り組み

ロボット×IoTで未来を創る

デジタルフォルンの厚木DXセンターでは、有志が集まってロボット開発に取り組んでいます。

培ってきた技術を活かし、自社でゼロからものづくりを行っていこうという未来につながる取り組みです。

開発の経緯・目的

通常の業務では、お客様から伝えられた仕様をもとに設計する形式が多いため、何も決まっていないところからレビューを重ねてものづくりをすることが既存メンバーへの教育や就活者へのアピールに繋がると思いました。

 ロボットアームを作ろうと思ったのは、これまで世の中にある(スカラ)ロボットの選定は自身で行ったことはあるものの、設計したことはなかったため、個人のスキル向上にもつながると思ったからです。

対外的な技術アピールとして、展示会出展もしくはYouTube等への投稿を行い、採用面でのプラス効果や既存メンバーのスキルやモチベーション向上を図っていきたいと思っています。

どんなロボットを開発しているのか

 最初にロボットアームを作ろうと決めましたが、ターゲットが決まっていなかったため、レビュー内で案を募りました。その中で、桃のような柔らかいものを、ダメージを与えず、掴んで運ぶロボットアームというのを目標に設計を開始しました。

他のプロジェクトでエリアを画像認識させて制御するというプロジェクトもあり、それと組み合わせた「画像認識した桃をロボットが掴み、運ぶ」というのが現在の目標です。(ロボットは通常、事前に動作指令が必要)

開発とこれからの展望

活動は、業務外で有志が行っております。展示会出展を目指して、現在は下記の課題解決に取り組んでいるところです。 

1)メカハンド部の問題点を改善

2)電気配線、ソフト完成度向上

3)画像認識との融合

MicrosoftTeams-image (1) (1).png

MicrosoftTeams-image (3) (1).png

MicrosoftTeams-image (5).png

RECRUIT

採用情報

新卒採用・キャリア採用を行なっております。

ご相談、お問合わせ

CONTACT

お問い合わせ