DIGITAL VORN
BRAND

スローガン

きわめる。きわだつ。

私たちの使命

デジタルフォルンは、「究めた技術」と「際だつ発想」によって、
お客様と社会を、その先の世界へと導きます。

社名への想い

私たちが、過去からそして未来においても、社会やお客様に価値をご提供していく事業領域は
今や社会インフラとなった「デジタル」領域であること。
そしてそのデジタル領域において、常に一歩「先」から「極めた技術」と「際立つ発想」を持つプロフェッショナル達が、 お客様と社会を導く存在でありたい、その想いをドイツ語で「先」を意味する「VORN」に込めています。

Brand
Ambassador

ブランドアンバサダー

太田 雄貴氏

太田 雄貴氏

PROFILE

国際フェンシング連盟 副会⻑ 公益社団法人 日本フェンシング協会 会⻑ 1985 年 11 月 25 日生 平安中学・平安高校(現 : 龍谷大学付属平安中・高校)、同志社大学出身。 小学校 3 年生からフェンシングを始め、小・中学と共に全国大会を連覇。 高校 2 年生で全日本選手権優勝。

2008年 8月 北京オリンピック 個人銀メダル獲得。
2012年 8月 ロンドンオリンピック 団体銀メダル獲得。
2015年 7月 フェンシング世界選手権 個人金メダル。
2016年 8月 リオデジャネイロオリンピックにも出場。
日本人で初めてとなる国際フェンシング連盟理事に就任し同年に現役引退。
2017年 6月 日本フェンシング協会理事に就任。
2017年 8月 日本フェンシング協会会⻑に就任。
2018年 12月 国際フェンシング連盟 副会⻑に就任。

太田雄貴氏はフェンシング競技において北京五輪で日本人初のメダリストに輝き、日本のフェンシングの歴史を大きく塗り替えられました。 現役引退後はフェンシング競技の普及・競技レベルの向上のため、最年少で日本フェンシング協会の会⻑に就任し、協会の改革にはじまりフェンシング競技の普及に尽力しておられます。私たちデジタルフォルンは、半世紀以上変革の連続で企業活動を続けてきました。機械設計・回路設計からスタートし、SE派遣・システム開発、グローバルビジネス、コンサルティングそしてCMSと、時代に沿った事業領域へ踏み出し、常に前進することで成長してきました。これからも前に踏み出していくことで、自ら成長し存在価値を高め、お客様のビジネスを前進させることで社会に貢献できる企業でありたい。そんな私たちの想いを太田雄貴氏の常に変革に向けてチャンレジしていく姿に重ね合わせ、ブランドアンバサダーの就任をお願い致しました。これからも太田氏の歩み同様に、デジタルトランスフォーメーション時代に最も必要とされる企業として、変革を続け前進して参ります。

デジタルフォルンは、日本フェンシング協会を応援しています。また弊社会⻑の䔥は、日本フェンシング協会の理事を務めております。

トップメッセージ