History

沿革

デジタルフォルン60年の歩み

私たちデジタルフォルンは、2021年8月に60周年を迎えました。これまでの歩みをまとめましたのでぜひご覧ください。

年表

1961

大洋工業設計株式会社創立

機械設計業務開始

1963

大洋工業設計株式会社を設立

1970

プリント設計基盤業務の開始

プリント設計基盤業務の開始

1971

カードパンチ業務開始

カードパンチ業務及び、ソフトウェア開発業務開始

1974

カードパンチ業務を独立し株式会社大洋計算センター設立

1976

電気回路設計業務を開始

機械・電気設計をはじめ回路設計業務の開始

1981

システム開発業務開始

1985

中国から研修生受け入れ開始

1988

中国進出:大洋・阿斯克(北京)有限公司を設立。
外商独資企業1号(外国企業の出資100%で設立した中国企業)

1992

大洋工業設計(株)と(株)大洋計算センターが合併し、「株式会社大洋システムテクノロジー」を設立

2004

HYBRIDEビジネスコンサルティング事業を開始

2008

中国のテクノロジー企業、サンダーソフトを共同出資で設立

2008

千代田区霞が関に東京本社を開設

2011

ISMS JISQ27001を取得

2011

TAIYO GLOBAL BUSINESS(HK) LIMITEDを設立

2012

大洋正銘諮詢有限公司に出資

2013

大洋創智科技(北京)有限公司を設立

2015

北京知通科技有限公司へ出資

2015

ThunderSoft出資先のサンダーソフトが上場、日本企業の出資による中国国内上場は、IT分野においては初めての事例

2016

投資事業を分割し、株式会社オセアグループ設立

2017

SITE PUBLIS株式会社ミックスネットワーク社よりWebの基盤ツール「SITE PUBLIS」を含むWebのインテグレーション事業の譲渡を受け、株式会社サイト・パブリスを設立

2018

ソフトフロント株式会社ソフトフロントホールディングスと資本業務提携

2019

DX推進支援事業を開始

2019
Sep.

「株式会社デジタルフォルン」へ社名変更